2012年12月20日

オリジナルフライ

久しぶりのFly Fishingです。

たまに出さなくてはブログタイトルに偽り有りですね。

このフライは元気な頃、イワナやヤマメと遊んだ思い出のDry Flyです。

ボディーとウイングをエルクヘアーで巻いています。

耐久性と浮力が有り、魚たちの反応もまずまず、

パウダーフロータントを盛大に着けて水面上高く浮かせるのが”みそ”です。

反応が薄い時は”チョコチョコ”とフラッタリングするのも効果的、

記事を書きながら昔を思い出しました。

Hookはエサ釣り用、アイには手芸用品を流用しています。

あの頃はバーブドフックを使っていました。

随分魚を傷つけたものです。

今更では有りますが遊んでくれた魚達に謝らなければなりません。
IMG_0389.JPG
ラベル:写真
posted by aki at 12:14| 兵庫 🌁| Comment(20) | TrackBack(0) | flyfishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
としあきさん、こんばんは。
私は、Fly Fishingのことよく分からないのですが、
でも、思い出のDry Flyはすごい!
芸術作品の様です!!
また魚達と遊べる様に、リハビリも
頑張って下さいね!
応援しています。
Posted by ayana at 2012年12月20日 17:36
こんばんは、ayanaさん、
コメントありがとうございます。

久しぶりのFly関係の記事です。
このフライでアマゴやイワナを良く釣りました。
思い出のフライです。

このフライを流していると底からイワナやヤマメが大きな口を広げて飛びついてきます。
胸がドキドキ!至福の一瞬です。
エサ釣りとはかなり違った釣りです。
何時か又フライが出来るようにリハビリを頑張って行こうと思います。
Posted by としあき at 2012年12月20日 21:06
ウェスタンフライとテンカラの融合!!
見るからに釣れそうです。
大きめの8番位を水面にドカンと落としてみたいですね。
Posted by なみ平 at 2012年12月20日 22:24
おはようございます。なみ平さん、
コメントありがとうございます。

8番、本当にその通りです。
6番や8番の大きなサイズが魚には好評でした。
ドカンと水面に落とすと大きなイワナがガブリッてことが偶に有りました。
魚釣り最高!
Posted by としあき at 2012年12月21日 06:38
おはようございます^^

想い出のDry Fly大変よく出来てますね
大きさとしては実際はかなり小さいものなのでしょうか?
材質が全く違う組み合わせですか?
アートのようで綺麗ですね(^-^)
Posted by あめしすと at 2012年12月21日 07:09

オリジナルフライ

これを製作しているときも、
フィッシングをしているときと
同じくらい、夢中になってしまうのでしょうね


ありがとうございます
Posted by ponsun at 2012年12月21日 08:41
としあきさん  おはようございます♪

いつもありがとうございます♪

イワナとヤマメと遊んだ思い出のDry Flyなんですね。
イワナとかな水がきれいで静かなところに生息して
釣るのは難しいと聴きます。
川釣りは遊びでニジマスとか釣ったことがあります。
こちらは川魚を食べれるところが多く秋のイワナの
刺し身とタマゴがイクラみたいで美味しいですね。
としあきさんは釣って楽しまれていたんですね。
Posted by 柴犬ケイ at 2012年12月21日 10:22
おはようです
久しぶりのフライネタ嬉しいです
何か良い感じじゃないですか 釣れそうって感じです
ぜひタイイングレシピと巻き方教えてくださいよ
来シーズン使ってみます
使い方もお願いしますよーーーー宜しくデス
Posted by masaおやじ at 2012年12月21日 10:31
こんにちは、あめしすとさん、
コメントありがとうございます。

昔渓流で良く使ったフライです。
魚の反応も良くお気に入りのフライ、
フライを見る度に昔を懐かしく思い出しました。

エルクヘアーはアメリカに暮らす鹿の毛です。
中空になっていて水に浮くところがドライフライに好都合です。
Posted by としあき at 2012年12月21日 11:50
こんにちは、ponsunさん、
コメントありがとうございます。

フライをタイイング(作る)時は気持ちはすでに渓です。
色々釣れることばかり考えています。
魚はそんなに甘くは無いですが(汗)。
私の思い出のフライです。
Posted by としあき at 2012年12月21日 11:53
こんにちは、柴犬ケイさん、
コメントありがとうございます。

このフライでヤマメやイワナを良く釣ったものです。
彼らは警戒心が強く忍び足で岩陰に隠れて釣ったのが懐かしいです。

イワナの卵は黄色くてイクラの様に大きいですね。
食べても美味しいと聞きます。
私は食べたことが有りませんが!
Posted by としあき at 2012年12月21日 11:57
こんにちは、masaおやじさん、
コメントありがとうございます。

丈夫で魚の反応も良いお気に入りのフライです。

レシピは簡単です。
エルクヘアーを長めにカットしてフックのお尻付近にスレッドで止めてアイの近くで後ろへ折り返します。
折り返した所をハーズイヤーでエルクヘアーが後ろに反り返るように強く巻きます。
テールもハーズイヤーでGoodです。
ドライフライと同じ要領です。
積極的に動かしても良いです。
チョンチョンと言う感じで。
Posted by としあき at 2012年12月21日 12:05
こんばんは

この毛が魚のえさになるんですね
専門用語で解りませんが
なんか面白そうですね
ここまで回復で来て良かったですね♪
Posted by ぴいこ&ふうこ at 2012年12月21日 18:32
こんばんは、ぴいこ&ふうこさん、
コメントありがとうございます。

魚の食べる水生昆虫に似せて作る疑似餌の一種、
日本では疑似餌や毛バリと言われています。
水面上を流していると魚が飛びついて来ます。
面白い釣りです。
はまったら中々抜け出せません(苦笑)。
Posted by としあき at 2012年12月21日 20:19
おはようございます、、、^^
疑似餌も手図栗ですか、、、凄いです、、、

父も良く、ウキなど作っていて、、海釣りに行ったのを思い出しました、、、

いつもありがとうございます、、今日も良い日に〜〜〜
Posted by 梟 at 2012年12月22日 07:07
おはようございます。梟さん、
コメントありがとうございます。

昔タイイング(作る)したフライです。
今は左手が麻痺して作れませんが。
これからは買うしかないようです。
一個300円位でしょうか。

海釣り、何が釣れるか解らず楽しいですね。

こちらこそありがとうございます。
Posted by としあき at 2012年12月22日 07:15
こんにちわ^^
体の具合は、いかがでしょうか?!
リハビリ、頑張っておられると思います!

ところで、Fly Fishing の事は
良く分からないですが、今度、引っ越しする場所が
大体決まっているのですが、そこは、暖かい時は
Fly Fishing をやる人が多いらしいのです。

もったいないから、始めちゃおうかな?
なんて、思ったりしています^^アハ

祝日になったクリスマスイブ、ゆったり素敵に
お過ごしくださいね^^*/
Posted by たえ at 2012年12月22日 11:41
こんにちは

オリジナルフライと云う事は
手作りですね。

これを虫と間違って魚が飛び付くのですか?
動かし方なんかでも・・
魚の釣り方に差が出てくるのでしょうね(*^_^*)

以前としあきさんがUPされた沢山のフライの箱?を写真見て
「宝箱」みたいだと思ったのを思い出しました♪( ´▽`)
Posted by junchan at 2012年12月22日 11:58
こんにちは、たえさん、
コメントありがとうございます。

Fly Fishingは英国で生まれた釣りです。
マスが食べる昆虫や小魚などに似せた ”疑似餌=フライ”で釣る釣り方です。
フライは軽いのでオレンジ色の太いラインの重さで飛ばします。
最近は女性も増えているようです。
一度、Fly Fishingのお店を除いてみて下さい。
絶対面白いです。
最初は取っつきにくいですが。
面白さを知ったら病みつきになります。

クリスマスイブ、祝日でハッピークリスマスですね。

ありがとうございます。
リハビリも上手くいってるようです。
Posted by としあき at 2012年12月22日 16:18
こんにちは、junchanさん、
コメントありがとうございます。

オリジナルフライ、大げさですが。
私が考えた世界に一つだけのフライです。
今は片手が使えないので昔のようにタイイング(作る)できませんが!

水面を流れに乗せてフライを流していると魚がエサと思い飛びついてきます。
それを見てロッドをあげて合わせます。
本当に楽しい釣りです。

以前、フライが詰まったフライボックスを載せましたね。
ネタが尽きたら又かもしれません(笑)。
Posted by としあき at 2012年12月22日 16:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック