2010年08月14日

私のランドマーク

062.jpg
但馬地方の渓流に”釣り”に出掛けたときの帰路は、写真の”粟鹿山”が見えるとやっと家までの半分、気分的にもこの山を見ると”ホット”します。昨年の事ですが。何時ものように何気なく粟鹿山を見て”ビックリ”頂上の木々がスッカリ伐採されているではありませんか!実は先のブログにも書いたんですが。山本素石の”山釣り”に出てくる”沢”の一つがこの粟鹿山に源をはっしています。何度か”アマゴ”求めて出掛けましたが。良い思いをしたことはありません、地元の人も余り知らない様で”スッカリ忘れ去られた渓”です。昔は天然のアマゴが生息していたそうです。
posted by aki at 07:19| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

渓流で出会った珍しいお客さん

昨年但馬地方の渓でフライロッドを振っていた時のことです。
目の前に珍しい動物が現れました。"カワネズミ"です。偶に渓では出会うことがあります。今は絶滅が危惧されている珍しいネズミ〜ではなくモグラの仲間だそうです。鼻を小刻みに上下の震わせ、小石の下にいる水生昆虫を食べているようでした。
IMG_0605.jpg
posted by aki at 14:03| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

雲海

aki`s photo.jpg

昨年撮影した、亀岡盆地にかかる雲海、5月の肌寒い早朝でした。釣りに向かう途中、
曲がりくねった林道を駆けあがって峠に差し掛かった時、目の前に印象的な雲海が広がっていました。時間を忘れて見入ってしま程!当時手元にデジカメしか無く、
思いどうりの写真が撮れなかったことが残念です。
posted by aki at 12:03| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

梅雨

もう直ぐ梅雨が終わりますね。やっとのことです。中国、九州地方は被害が甚大のようで、お見舞い申し上げます。写真は一昨年、釣りの帰途、峠から望んだ亀岡盆地です。釣りの写真は?有りません〜釣果はご想像のとうりです。
3 30 亀岡紅葉台より。.jpg
posted by aki at 14:23| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

渓のムービー


良く行く渓の写真をムービーにしました。
Jpegのせいか?画質が編集すると劣化してしまいました。
posted by aki at 18:16| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

早朝の雲海

京都、亀岡盆地にかかる雲海と早朝の月です。春先に良く見られます。これは亀岡市街地を見下ろす、峠の紅葉台から撮影しました。当日はかなり冷え込み下を走っている時から霧に包まれて、期待しながら峠道を登っていくと誰も居ない紅葉台からご覧のような雲海と月が広がって居ました。残念ながら手元にはデジカメしかなく、思いどうりの写真が撮れなかったのは少し悔やまれます。IMG_0283.jpg
posted by aki at 11:19| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

兵庫北部

日本海に流れる。豊かな渓流です。イワナ、ヤマメ、それにサクラマスの溯上する川です、熊の多いことで知られている渓でクマ避けの鈴は必帯です。IMG_0487.jpgIMG_0500.jpg
posted by aki at 18:27| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

アウトドア

今日{5月18日}はほんとに気持ちの良い晴れ一日ですね。
ついつい、出かけたくなります。平城京{奈良}などはいかがでしょうか?
posted by aki at 13:06| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

平城京

5月17日{月}晴天、今日奈良方面平城京遷都1300年祭に出かけました。平日にも関わらず、多くの人々で賑わっているところをみると、人気のたかさを痛感させられました。1000年も前の人々の生活の跡を垣間見ると改めて日本の歴史の奥深さを感じると共に日本人として誇らしい気持ちになります、私は余り歴史には興味はないのですが、数千年の時空を超えて過去に思いを馳せることは、心を豊かにするように思います。
posted by aki at 19:10| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする